自然な丸味と硬さ!脂肪注入系手術

自然な仕上がりを期待するなら

美容整形にも多くの種類がありますが、豊かで美しいバストに整える豊胸治療は女性に人気の施術です。バストはただ大きく、形が良くなるだけではなく、見た目も自然で柔らかな感触が得られることも大事です。いくらサイズアップしても見た目や感触の不自然さで気付かれてしまうと新たな悩みとなる可能性もあります。シリコンバッグの挿入は大幅なサイズアップが期待できますが、感触が固いことや体への負担の大きさが気になるという人も少なくありません。そこで注目されているのが、患者本人の脂肪を吸引し、それをバストに注入する脂肪注入法です。本人の脂肪を使いますので、見た目も感触も自然なものとなりますし、お腹などの気になる部分から脂肪を吸引しますのでスリムアップの効果も期待できます。

脂肪注入方法のメリットを知る

脂肪注入によるバストアップは見た目や感触が自然になること、痩身と豊胸が同時に行えることが知られていますが、この他にも様々なメリットがあります。まず、シリコンバッグを挿入した場合は、バッグの劣化や破損が気になりますが、脂肪注入なら破損の心配はありません。シリコンを挿入する際は、バストの下部分や脇を切開しますので、体に傷が残ることになりますが、脂肪注入は注射で行われますのでバストに傷が残る心配もありません。脂肪吸引をした部位は数ミリ程度切開を行いますが、目立たない部分で行われますし、傷は少しずつ目立たなくなります。シリコンを体に入れた場合は異物反応が起こる心配もありますが、脂肪注入では本人の脂肪を利用しますのでその心配もほとんどありません。