触ったときに違いを感じる?

自然な質感の再現が重要なテーマだった豊胸手術

豊胸手術は乳房を人工的に形成する美容外科治療の一種です。初期の豊胸手術は注射器を使って胸部に直接、シリコンなどの異物を入れて成形していました。体への負担が大きいばかりか、本物の乳房とは似ても似つかぬ固い仕上がりになってしまうことが多かったため、注射器による豊胸はすぐに廃れてしまいました。代わって普及したのがゼリー状のシリコンを封入式のパックに入れ、そのパックを胸部に挿入する方法です。シリコンを注入するのに比べると体への負担が少なく、触り心地も柔らかいことから広く普及した方法です。しかし、それでも本物の乳房と比べるとしこりのような固さを所々に感じるので、違和感を覚える人は少なくありません。シリコンの品質が触り心地を左右するのも注意すべきポイントになります。

リアルな質感を重視した現在の豊胸手術と安全性に関する問題

現在行われている豊胸手術はシリコンパックの挿入の他、乳房を形成する脂肪を人為的に肥大させる方法も含まれています。異物を挿入するのではなく、元々胸部に存在している脂肪を増やす方法なので最も自然な仕上がりになるのが特徴です。本物の脂肪なので触り心地もほとんど違和感が無く、不自然な固まりが形成されることもありません。しかし、この方法は個人差が激しく、場合によっては左右の乳房の大きさが異なってしまうリスクがあります。万人に実施できる方法ではなく、臨床例が少ないことから安全性が問題視されている点を注意しなければいけません。豊胸手術は自然でリアルな質感にすることが大きな課題ですが、安全第一であることも忘れてはいけない約束事です。