長持ちするのはどの方法?

豊胸手術の種類と特徴

近年は切らずにできる豊胸手術もあり、胸にコンプレックスを抱える人も比較的簡単に悩みを解消できるようになっています。切らずにできる豊胸手術にはヒアルロン酸注入があり、半カップから1カップほどのバストアップが可能です。バストの形を整えられるというメリットもあり、谷間を作りたい、離れた胸の幅を狭めたいなどの希望にも対応できます。
最もオーソドックスな豊胸手術としてはシリコンバッグによる方法があり、1カップから3カップほどバストアップすることが可能です。切開してバッグを入れるため、少し大掛かりな手術となりますが、理想のボリュームに仕上げられるのがメリットです。
自分がどのような胸になりたいのかを考慮して選ぶことが大切になります。

持続性の高い豊胸方法

豊胸の持続性においては、シリコンバッグによる方法が最も優れています。一度バッグを挿入すると半永久的にバストアップできるため、理想のバストをキープできるでしょう。
ヒアルロン酸注入においても、近年はヒアルロン酸の品質も向上して持続期間が長くなっています。以前は1年から2年ほどしか効果が持続しませんでしたが、5年から10年持続するヒアルロン酸もあります。ヒアルロン酸の種類によって持続期間も異なるため、切らずに豊胸したい人は医師と相談すると良いでしょう。
もちろん効果が長く続くに越したことはありませんが、シリコンバッグによる手術はダウンタイムも1週間ほどあり、仕事に支障が出ることもあります。ライフスタイルに合わせ、自分に合った方法を選びましょう。